立証が難しい

後遺症というのは、症状によっては認定してもらうのが難しくなっているのです。なぜなら本当に交通事故が原因で後遺症になっているのか判断するのが難しいからです。また、後遺症によく似た症状の病気が存在していることも、認定してもらうのが難しくなる理由の1つだと言えるでしょう。そんな後遺症の1つである疼痛性感覚異常も、立証が難しい後遺症の1つです。

疼痛性感覚異常というのは、手術後やギプスなどによる治療後に発症してしまう後遺症なので、交通事故が原因でこのような症状が出ているのかの判断が厄介になります。当然医療ミスによってこのような後遺症が出てしまう場合もありますし、他に何か原因がある可能性もあるでしょう。そのため、後遺症というのは慰謝料の支払いがかなり遅くなってしまうこともあるのです。

当然支払いが遅くなってしまうと、加害者側は別の病気でこのような症状が出ているのに、交通事故が原因であると決めつけてお金を取ろうとしているのではないかと感じてしまう人もいるでしょう。このように双方が主張し合うと、裁判に発展してしまうこともあるのです。そのため、まずは弁護士に相談をすることが重要ですし、より後遺症に詳しい医師がいる病院へ行くことも大切になります。

参考資料→交通事故被害者救済サイト

疼痛性感覚異常の等級

後遺症が残った場合には、後遺症だと認定してもらうことでどの等級なのかが決まります。この等級によって、慰謝料の支払い額が決まってくるのです。もちろん重い後遺症が残った場合には、より等級の数字が小さくなり、全部で14級設けられています。では、疼痛性感覚異常になった場合には、どの等級になることが多いのでしょうか。疼痛性感覚異常であっても、症状によって等級は異なります。

一般的な神経症状が残った場合には、最も慰謝料の支払い額が低い14級となってしまいますが、神経症状が重い場合には、13等級になるケースもあります。また、神経系統の機能だけではなく、精神状態にも異常をきたしていることが判明した場合には、9級に認定されることもあるでしょう。疼痛性感覚異常になってしまうと、一般的な仕事であっても難しくなるケースがあります。

このように仕事をすることが難しいと判断されるほど酷くなってしまった場合には、7級に認定されることもあるのです。そのため、疼痛性感覚異常の場合には、症状によって14級から7級の間になるケースが一般的です。それだけ疼痛性感覚異常というのは、重度な場合と軽度な場合には、今後の生活に大きく影響を与えてしまうことがあると言えるでしょう。

交通事故の後遺症

交通事故が発生すると、被害を受けた人が後遺症になるケースもあります。後遺症にはいろいろな種類が存在しているのですが、どのような後遺症であっても大変なことに変わりはありません。被害者は長期間不自由な体で生活するようになりますし、下手をすれば一生障害を負ったままの生活になってしまいます。それに対して加害者はきちんと賠償をする義務があります。そのため、まず重要になることは、交通事故を起こさないようにすることでしょう。

場合によってはかなり重い後遺症が残ってしまうこともあります。その1つに疼痛性感覚異常という後遺症も存在しています。疼痛性感覚異常というのは、骨折をした場合であれば、すでにギプスが取れているのに痛みが発生してしまうことや、痺れなどが発生してしまうことがある後遺症です。また、手術を行った際には、手術が成功して回復に向かっているのに、激しい痛みや焼けるような痛みが発生することもあるので、かなりきつい後遺症だと言えるでしょう。

このような後遺症が残ってしまうからこそ、交通事故というのは恐ろしいのです。後遺症は風邪などの病気とは違い、予防することができません。唯一の予防法は、交通事故を起こさないように注意することです。まずは自分自身が注意しておくことが重要になりますし、車の運転は気持ちの余裕と体力的な余裕をもって行うべきでしょう。当サイトでは後遺症についての悲惨さなどを紹介していますが、特に疼痛性感覚異常について触れています。