立証が難しい

後遺症というのは、症状によっては認定してもらうのが難しくなっているのです。なぜなら本当に交通事故が原因で後遺症になっているのか判断するのが難しいからです。また、後遺症によく似た症状の病気が存在していることも、認定してもらうのが難しくなる理由の1つだと言えるでしょう。そんな後遺症の1つである疼痛性感覚異常も、立証が難しい後遺症の1つです。

疼痛性感覚異常というのは、手術後やギプスなどによる治療後に発症してしまう後遺症なので、交通事故が原因でこのような症状が出ているのかの判断が厄介になります。当然医療ミスによってこのような後遺症が出てしまう場合もありますし、他に何か原因がある可能性もあるでしょう。そのため、後遺症というのは慰謝料の支払いがかなり遅くなってしまうこともあるのです。

当然支払いが遅くなってしまうと、加害者側は別の病気でこのような症状が出ているのに、交通事故が原因であると決めつけてお金を取ろうとしているのではないかと感じてしまう人もいるでしょう。このように双方が主張し合うと、裁判に発展してしまうこともあるのです。そのため、まずは弁護士に相談をすることが重要ですし、より後遺症に詳しい医師がいる病院へ行くことも大切になります。

参考資料→交通事故被害者救済サイト

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket